仏教とコロナ

 

いま現在コロナウイルスが世界を騒がせております。

これは、これまでの伝統的には疫癘(えきれい)と呼んできました。いわゆる疫病(伝染病)です。
人類にとって初めての伝染病は天然痘ですが、日本では仏教帰依をもってこの難を逃れました。その象徴が大銅像仏、東大寺の大仏様であります。この銅像というところにも深い意味があり、こういった社会問題を解決に導く智慧が託されています。

当時国を治めていた聖武天皇は仏教を国教とすることで疱瘡(天然痘)の大難収束を願いました。国家鎮護と国難回避は、まず各地に国分寺創建することに始まり、その総本寺のようにして東大寺が建立されます。

東大寺の大仏様が完全に完成しました七六二年。この年を暦に基づき今の時代に符号させますと七時代前の二年後と、時代の流れの同じ時のことです。

この草案は、法華経と華厳経にある仏の知見をもって、この世界のカラクリを見たその目線に基づいてシステマティックに最上の社会形成を試みるものとして取り組まれました。

そういった理想郷は遥か昔に明らかでしたが、その大事業への動機付けが天然痘の流行だったのです。人情の切なさといいますか、人間のサガといいますか、苦悩に会う、病によって身を正す人間の性質、これを有難いと呼んだのでしょう。

仏教の中にはこうした社会の安寧に常に対応し続けて、仏様の目線でそれを見て解決策を実行していくアンガジュマンなる目的がお釈迦様の初めからありました。

霊性的な面では、天上の神様にも反社会勢力的神様がいることを認識していて(これはキリスト教にもあります)、人間の邪心や愚かさを食物としている。そして道に外れているにも関わらずうまく行く、豊かになるということをもたらします。一方、そういった反社会勢力的神の取締役としての神様がいらっしゃって、そういった神が引き起こす悪さを退治する役目を担っています。天然痘に始まる伝染病を「疫病(えきびょう)」と呼んできましたが、これはまさに自分に与えられているお役目を放棄する心の病からきています。
他のために自分には何ができるかというような菩薩級の志で常に生きている方には無縁のことなのでしょう。

神仏習合の縁起を持つお寺では、古来よりこれらの邪神を取締る神様に特別な祈祷法楽を修してきました。
当宝光寺は、大垣城下の鬼門鎮護の寺としての役目を担い、明治の廃仏毀釈や神仏分離、神社統合などの影響を奇しくも逃れて、今に伝統的な祈りを残しているお寺ゆえか、その疫病退散の守護神を今もなお山内にお祀りしております。

昼間お堂へは自由にお参りいただけます。あえてどこに祀ってあるかは内緒です。でもその神のみ前に立てば必ずそれがわかります。
こんなご時世です、楽しく守護神探しと日本の伝統的疫病予防のお寺詣りにお勤めください。

ただし、神聖なる場所です。仲間で集まってというのではなく、ご自分お一人の志として厳かにお参りください。堂内は私語を慎む処でもあります。

 

今月の27日は

2月27日(木) 2時〜5時

毎月の通り、ほうろく灸に始まり、祈願と供養
そして今月は「仏教とは何か?」についてお話しします。

仏教はその起源から今日に至るまで、ある一つの役目をになって我々のそばに存在し続けています。
それは、これからの激動の乱世を生き抜いていく上で、たくさんの安堵を与えてくれるものです。

仏教の中にある処世の力を知り、仏教に対する新たな目線を持ちましょう。

もちろん、コーヒーや春日のほうじ茶、お寺飯もご用意してお待ちしております。

ご参加の方は、前もってご一報ください。

オリバーツイスト カンゲキ

実際には11月の末のことで、すぐ書いておいたのですが、 12月1月2月と目まぐるしく過ぎたのと、塩抜きをして、今日になりました。
3歳から知る子供達の勇姿に感激の観劇でした。

英国のディケンズ原作、オリバーツイストの舞台を観劇し感激して帰って参りました。

現代社会に訴えかける八年生の思いに引き出されました。

自分が生まれたと同時に母親を亡くしたオリバーのシーンから始まります。

お釈迦様も生まれて間も無くお母さんが亡くなりました。

そのことをシッタルダ(出家前のお釈迦様のお名前)はご自分のコンプレックスとして持っておられました。オリバーにもあったのでしょう。

アリストテレスの詩学では、模倣・思いと状況の乖離・認知・精神の浄化などが物語によって生み出される時、時間と空間を超えて観客に神話的癒しがもたらされるといいます。

ですから宗教者から見れば、演劇は明らかに心の健康をもたらす薬と認識しているのです。

模倣や状況の再現は、とても心地よく見るものを時と場を超えたところへと連れて行ってくれました。竹内敏晴さんはよく「役は演じるのではない、役を生きるのだ」という表現をされていましたが、これはとても難しいことです。その人物の台本には出てこない、ひとりの人の人生を感じてはじめて「役を生きる」、言い換えれば舞台の上で自分ではない人物として生活をするということです。

オリバーは、ほんの少ししか貰えない食事に自分も皆も満たされないことから、「おかわり」をします。これが大きく人生を動かすことになります。自分の命と引き換えに母親が亡くなったことの次に、「思いと状況の乖離」がここでも起きました。

何か、雰囲気的にヤバそう?、でもそれ以上にお腹がすく、こういうことは私も修行中の経験としてあります。

一瞬にして自分の存在が変わってしまいます。

劇中繰り返されたコンテキストとして、子供達に食事を施すことに対する大人の不満です。

お金というのは元は信用手形で、教会がその人の身分を保証する証書を発行していました。いちいち教会が発行する手間を省くためにその業務を委託します。それが銀行の始まりです。

これによって、神、大自然、父親よりもお金の力が強くなっていきます。

父性喪失の始まりです。

それまでは世界中の神話が示し、フロイトも特定した「エディプスコンプレックス」、偉大なる身近な存在である父親を超えていくことで一人前になるという人を人にする営みにおける、重要な父性、超えがたい父親の存在を喪失することで、人が人となる仕組みを失った現代。

真理と倫理が乖離した社会です。

真面目に生きれば生きるほど社会の状況がひっくり返っているゆえに、どんどんあらぬ方向へと転がっていく。真面目とか真剣とかというのはそれだけでは善でも悪でもないのです。

これについても、作者の意図が明確にあって、それが今回の舞台でも明らかに見せてもらいました。

現代においても、その社会の真相が深く見えてくるほど、誰も責められないという思いが高まります。

そういった劇中に流れる提案された状況にも関わらず、オリバーは行くところ行くところ、大切にされます。出会った大人が大切にしたくなる。

透明さ、素直さ、無邪気さ、それは現代ではもしかしたら病名がつくかもしれないほどの清らかさがオリバーのうちから漏れ出ている。そのこもれびに周りの皆は癒されたのでしょう。まさに浄化、カタルシスです。

ディケンズが意識したかどうかわかりませんが、明らかにイエス様の姿が描き出されていました。

世間的な聖者のイメージというものに対する提案がなされています。

まさにリアル聖者です。

オリバーは生まれ持ったものがあったでしょう。それが明らかに覚醒するのは「おかわり」という行為から生じた出来事、自分の今うちに秘める思いを表現するということに対する徹底した社会からの弾圧です。

これも信仰的な履き違え、ここでも聖者に対する勝手な「錯誤」を見せています。

受け取る側が勝手に相手の人柄を思い込み、勘違いして、その本人の真相とは全く異なった人物像として一人歩きしてしまう。人間関係によくあることです。

ロンドンへと希望を咲かせてオリバーが行きますが、窃盗団のひとりの少年に導かれてその一味に加わります。

その中に窃盗という生業に育てられ、盗人を恩人とするというねじれ構造の中で成長したひとりの娘ナンシーがいます。この子がもうひとりの主役でもありますが、明確に自分の罪について認知しながらも、その流れ(仏教でいうサンスカーラ)にあえて身を施していきます。父性に対する従順な娘として最後はそのねじれた父性の手によって命を落とし、また、その手をかけたフェイギンも正気を失い獄中で心が壊れてしまいます。

現代社会の中心にある、誤った秩序を採用することによって起きている問題。それは個々にいくら努力をしても全く解決しないどころか、より一層の苦悩を誘発するという、どこにでもある普通の話、普通の話にして人類最重要課題を、見事に表現した作品であり、それがしっかりと舞台によって表現されていました。

舞台の始まりと終わりに語りかけてくださった担任の先生、その先生に接する生徒たちの姿、またそれを受け取る先生の姿勢。ちょっとした悪ふざけやイタズラも全身で受け止める寛容なるがゆえに厳しさが光るその先生に、これからの時代に沢山の復活を遂げる父親像、それは男性とか女性とか、子供がいるとかいないとかではなく、誰しもが持つ父性のモデル、お手本を見せてもらいました。

こういう大人に育てられる環境は何より大事にしていきたいと、改めて再認識し、深く癒されたカンゲキでした。

けんぴょうを踏む という古事があります。

霜を踏んで踏んで踏み固め、大地の女神の力を引き出し、堅固な土台を作るということです。鳥山敏子先生に始まったそんな地母神の働きによって生まれた土台の上にようやく豊かな学び舎が建設され始めている姿を見ました。

ココロトカラダノアイダ

1月27日(月) 午後2時〜5時 於宝光寺本堂

毎月27日開催の「ほとけみち」

供養と祈願 過去と未来を今に結ぶ、永遠のいのちとなるちぎりです。

2時よりほうろく灸 本当のこころを醒ましましょう。

珈琲とお寺ご飯と仏教のお話です。
今回はこころとからだのあいだのお話

お越しくださる方は、前もってご一報ください。
3500円のご志納にて。

 

朝粥と坐禅と華賁と

2月1日(土) 早朝5時半〜7時 於宝光寺本堂

昨年12月から始めました「妙想粥」を開きます。

朝の5時〜7時の間に食するお粥は特に身心を癒すというのは、宝光寺に鎮座する七面天龍女の縁起にある通りです。※詳しくは当ブログ「宝光寺ゆかりのお粥の話」をご覧ください。

朝早く、まだまだ寒い朝ですが、ぜひ、からだとこころの調えにお越しください。

お越しの方は前日までにご一報を下さい。

朝粥と華賁(珈琲)と、坐禅で始まる朝は、格別な一日となります。

1500円のご志納にて

 

法喜禅悦堂

今日は12月4日です。
今仏教界では大事な時期。

お釈迦様が大いなる悟りを開かれたのが12月8日だからです。
お釈迦様は苦行から我が身を解かれ、スジャーターから乳のような粥を捧げられます。
そして七日の禅定三昧を経てお悟りを開かれました。

ちょうど今、その禅定三昧の真っ最中です。

宝光寺では今日、早朝5時から朝粥を頂き、禅定修行を致しました。
とても厳かな時間でした。

もう一度今年は12月7日の早朝5時〜 朝粥と禅定の修行を致します。
ご関心のある方ご一報お便りください。
どなたでもご参加いただけます。

宝光寺ゆかりのお粥の話

お釈迦様が苦行を終えてちょうど12月の1日頃、尼連禅河のほとりでスジャータという若い女性からお粥の施しを受けます。この出来事は仏伝においてもポイントとなるお話です。

そしてその後12月8日の早朝、大いなるお悟りを開かれました。これを「成道(じょうどう)」と呼んでいます。

このとき、お釈迦様の大いなるお悟りはこの世界全体に広がり、世界が同時に救われたという教えです。(それはなぜかはまたの機会にいたします)

この後の仏教の歴史にあるお粥と修行の関係からは、粥を施された事、それを受けて食された事と成道という、粥と坐禅とお悟りが一つの流れの中にある事がわかります。

それから千年以上が過ぎ国も変わって中国で玄奘三蔵和尚のエピソードにお粥が登場します。日本から海を渡った高僧「道昭和尚」のお話です。道昭和尚は玄奘三蔵からお経典とその解説書、そしてご仏舎利に加えて不思議なお鍋(正確には鐺)を賜ります。

玄奘三蔵いわく、吾西域より自らもち来たりしなり。ものを煮るに病を養はむに、神験あらずという事なかりき、と。
実際、道昭和尚は多く病める人をこの鍋て煮たお粥で救っています。

道昭和尚日本へ帰る航海の途中、潮が止まり風も止まり大海原で立ち往生しました。聖のいうことには、海龍神の娑伽羅龍王がその鍋を所望しているというので、鍋をこの龍王に差し上げると、無事に日本へ帰国できたと言います。

さらに時代が下って天文年間(1540年頃)現在の山梨県の身延山に「日傳聖人」なる行者がありました。身延山の西方にある七面山山中にて陀羅尼の行を七日修したとき、七面天女がお出ましになり手に一つの鐺(なべ)を持っていた、行を終えた早朝気がつけば自分の膝の上にこの鐺があった。
この鐺に水を入れると甘くなり、粥を煮ると減らない、十分に六根に潤いを得た。

というお話です。

このお釈迦様がいただいたスジャーターの粥

玄奘三蔵がインドより持ち帰った粥鍋

それを道昭が賜って日本へ持ち帰ろうとしたが、

娑伽羅龍王に差し上げた。

娑伽羅龍王の娘、法華経に出てくる8歳の龍女には姉がおり、

日本では豊玉姫と呼ぶ、同一神かどうかは定かではないが、

七面天女(龍女)が日傳なる行者に娑伽羅龍王のところに渡った粥鍋を授けたという長い長い粥鍋のお話です。

 

 

 

身心の大掃除

12月27日(金)正午から12時半までに参集して、

10月の会の時にプチ体験をして頂いた方は感触がお有りと思います。
グランディング(大地としっかりと繋がり、生命力を取り込みやすい状態)力を高める体のケアとしての二人禅、身体のこわばりをほどき、心のこわばりをほどいて私から自由になるレッスンを、少し時間をかけて行う時間を皆さまと共有したいと思います。

年末身心大掃除です。

いつもの通りに、ほうろく灸、報恩と祈願も行いながら、この二人禅(グランディングレッスン)の時間をたっぷりととってお寺でゆったり過ごしましょう。

なるべく動きやすい服装でお越しください。(お着替えの場所もあります)

五千五百円のご志納にて。

お越しになった方から、粥を食し体を休めて、ほうろく灸・祈願・報恩。
13時半前後から、二人禅を始め、しっかりとほどいていきます。
終了は17時を目指します

粥とほうろく灸などは参加自由です。

皆様のお越しをお待ちしております。会場広さの都合で、10名ほどが限界です。
なるべくお早めに参加の旨お伝えください。

明想粥を始めます。

明想粥とは聞き慣れない言葉ですね。

「みょうそうかゆ」と読みます。
朝粥を頂き、心ゆくまで座禅瞑想に浸り、良き朝の始まりとする朝活です。
明想は本来、「明るい相」と書きます。
そのいわれは仏教の起こり、お釈迦様がお悟りになった時まで遡ります。

お釈迦様は苦行をおやめになり、尼連禅河のほとりでスジャータという娘さんに粥を施されました。悟りを開かれたのが12月8日の事とされ、お粥を頂かれた七日の後とされます。
インドと日本で気候も暦も違いますが、間も無くその頃になります。

明相とは、朝の時間帯のことで、諸説ありますが、目安として「卯の刻」と記されていますから、午前5時から7時の頃とわかります。
午前3時から5時は龍が気を吐く時とされ、この時間に水を汲む、また沐水をすると潔斎となります。。

お釈迦様が苦行を終えお悟りをひらかれるその間に食した粥にも大切な意味があったことがわかります。

道元禅師も「粥の十徳」を説きお勧めになっています。
荒行堂ではその伝統の通り朝の5時から粥を食します。

この伝統はお釈迦様、スジャータから玄奘三蔵へ、そして日本の僧侶である道昭へ、道昭から娑伽羅龍王→娘の龍女へ、そして天正年間に七面天女から日伝なる高僧へと、不思議な物語を受け継がれて今に伝わっています。
(また後ほど不思議な粥鍋の話をご紹介します)

図らずも、うちのお寺は七面天女を祀るためのお寺として江戸時代に復興しました。

当山ご守護の女神、七面天女は、地母神であり、穀霊蘇生(穀物の命を蘇らせる)の女神であり、日本神話の豊玉姫、西洋のグレインマリアに通じる、龍女神です。

このインド伝来の仏教と日本の信仰が受け継いだ生活習慣「明相粥」を大垣宝光寺にて広く護ってゆきます。ご支援のほどよろしくお願い申しあげます。

スジャータの粥を頂かれて約七日禅定の末「成道(おさとり)」を開かれました。
これにちなみ、
12月4日(水)12月7日(土)にはじめての明想粥の法筵を開きます。

早朝4時50分〜6時の間にお越しください。
当山内に涌く浄水を寅ノ刻に汲み、粥を炊きます。
その朝粥を食し、自由に心ゆくまで座禅瞑想の時間を過ごし、
佳き一日の始まりと致しましょう。

千円のご志納をお納め下さい。