対話を提案してきた仏教

 

説法供養 2

 

昔、「お堂や仏壇から仏教が開放されるとき」
というお話を聞いたときはまさに青天の霹靂でしたが、

どうやら、そうなっていく潮流が見えてきました。

お釈迦様や各宗派の祖師にいよいよ人類が追いついてきたといったら、叱られそうですが、
それだけ直面している問題の障壁が高いほど、やはりより高い知性をもって当たらねばなりませんから、そういうことなのでしょう。

仏教を話題にする上での明白な前提としては「自分ことを知る」
仏教は自分を知るために紐解くものである。ということです。
反対を申し上げておくとわかりやすいのですが、それは、自分の思うように他者を説得したり、責め立てたりする材料、自分の身の保身に使うということをしないということです。

仏教から頂いた知性で人を責める。
自分の自己正当化の裏付けとして用いる。
自我の欲求を叶えるために習学する。

これは仏教の仏教的受け取り方ではないということが、当初からのトリセツでした。

名高る賢者や祖師がかなりいいところまで行きながら究極の悟りに気付けないで終わったという話がたくさんありますが、これもこの初動初心を欠いたためです。

でもこの話は近代社会においてチンプンカンプンなのです。
不肖私も少なからず近代教育のお世話になりましたから、これにナルホド!と膝を打つまでに時間を要しました。

お坊さんでもそうなのです。珍しくないのが現代の真相です。
ですら、事態は重大ですが、軽やかに易しく受け止めていくほかありません。

20世紀になってようやく近代社会、近代思想、近代教育の中から「これおかしいよねぇ」という声が上がり始めました。
どういうことかというと、「知性を高めれば高めるほど、理解力が増していく、認知力が増していくはずなのに? どうも実際にはみんな逆行している、なぜ?」という希望の裂け目が近代社会の中から生まれたのです。

人は 理解が深まれば深まるほど、没交渉になっていくふしぎ

離婚は当人たちにその責任はなかった!! 衝撃のスクープ!

この真相を掴むのは、かなり至難の技ですが、事実は事実です。

ところで
今年はどうやらそのふしぎな魔法から社会が脱楽し始めたと見えるのです。

この真相が分かっていたのはもう随分前、短く見積もっても50年は経っています。
しかし、分かっているというだけでは変わらないのだということもこの50年が語っています。

一言で言ってしまえば「取捨択一の思考法」が世の中の混乱の根源要因ということ。

え〜、じゃあどうやって決済するの〜。
それを身に付けるのは至難の技です。しかし事実は事実。

コロナウイルスの問題は、南北貧困格差という人と人を二つに分けて、一方にだけ価値(勝ち)を与えた。一方が勝ち取って良いと世論が認めてきた。負けてどんどん貧困が深まっていく人たちの事実にモザイクをかけて。これがウイルスが我々のそばにきてお近づきになったわけじゃないですか。

アメリカを中心に大騒動になっている問題。世界的にデモが起きていること。
パリもかなり緊迫しているようです。
これも「取捨択一の思考法」によって長年続けられてきた一方を採って一方を切り捨てるその思考法に基づく日常の何百年の積み重ねの上に起きている出来事です。

仏教ではこの「取捨択一の思考法」が何より慎まねばならない行為であると説いています。
これが世界を滅亡させる根源的要因だからと。

どんなに徳を積んで、命の力を高めて、多くの人を救済しても、この思考法である限り
「ほんとうのさいわい」はないと。

かと言って、じゃあどうする?と問われて即答できるほど容易な問題でもありません。

ですから、心ある方々とぜ新しい思考のモデルについて勉強し、見出していきたいと思っています。

そのための大きな手がかりとなるのが「対話」という出逢い方なのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中